石化チャンドラ、新複合施設に50億ドル投資

インドネシアの石油化学最大手チャンドラ・アスリ・ペトロケミカルは、2カ所目となる石油化学コンプレックスの建設準備を進めている。投資額は総額50億米ドル(約5,463億円)と見積もっている。4月30日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 エルウィン社長は29日、子会社のチャンド…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学


その他記事

すべての文頭を開く

投資阻害の法律72本を改正し一本化へ(19:06)

統計局、来年の国勢調査でデジタル技術活用(19:06)

テイクオフ:インドネシアの首都の移…(09/13)

トヨタ、新型カローラを発売 HVタイプを販売全体の15%目標(09/13)

第3代大統領のハビビ氏死去 独裁政権から民主化へ移行を実現(09/13)

過積載の取り締まり強化、道路交通法改正へ(09/13)

ボーキサイトなども禁輸加速を検討、調整相(09/13)

新車検査施設を23年までに拡張、EV対応で(09/13)

五菱が完成車輸出、年内にタイへ1000台(09/13)

双日と大阪府提携、東南ア2カ国進出で優遇(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン