• 印刷する

シノタイ、宮城の太陽光発電所への出資断念

タイのゼネコン大手シノタイ・エンジニアリング・アンド・コンストラクション(STEC)は27日、宮城県で太陽光発電事業に乗り出す計画を断念したと発表した。シノタイの日本における太陽光発電事業計画は白紙となる。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、日本で太陽光発電事業を手掛けるタイ・ソーラー・エナジー(TSE)と共同出資会社の設立に向けて交渉を進めていたが、条件が折り合わず出資を取り止めた。

TSEの全額出資子会社TSEオーバーシーズは、宮城県の鬼首(おにこうべ)地区で出力15万4,980キロワット(kW)の太陽光発電所を運営。先にタイの自動車部品メーカー、フォーチュン・パーツ・インダストリーから40%の出資を受け入れると発表していた。

TSEは日本で他に7カ所の太陽光発電事所を運営しており、これらすべてをTSEオーバーシーズに移管する計画。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

通信DTAC、900MHZ電波入札に参加へ(18:20)

テイクオフ:タイのプミポン前国王が…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

【高齢化の諸相】中進国の活力奪う「第2の罠」 スピード老化、先進国入りへ試練(10/16)

居酒屋てっぺん、商業施設でFC1号店開業(10/16)

製薬協、タイと台湾の機関とコンソーシアム(10/16)

バムルンラード病院、米企業と新技術開発へ(10/16)

新菱冷熱、協和発酵バイオの工場を完工(10/16)

信和不動産、物件のアフターサービス導入(10/16)

タイ星合弁、トンロー駅前でコンド開発(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン