エアアジア、1Q搭乗率は3ポイント減

マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジア傘下のインドネシア・エアアジア(IAA)は27日、今年第1四半期(1~3月)の輸送実績を発表した。それによると、同期の旅客数は前年同期に比べて2%減少し、搭乗率は3ポイント落ち込んだ。一大観光地であるバリ島のアグン山噴…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

「マールボロ」などを日本に初輸出(14:08)

国営企業の総利益の8割は上場企業が稼ぐ(12:46)

テイクオフ:トイレに入ると、個室か…(03/25)

18年の自動車生産8万台弱に 44%減で東南ア唯一のマイナス(03/25)

南北線第1期の開業を宣言 MRT、10年間で200キロ以上に(03/25)

和碩がインドネシア法人に正式出資、1千万ドル(03/25)

スズキ新型発表、エルティガ初のスポーツ車(03/25)

ガルーダ航空、名古屋便を就航(03/25)

ライオンエア、ボーイング747が最終飛行(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン