5月のバランガイ選挙、114万人が立候補

フィリピンの選挙管理委員会(Comelec)は21日、バランガイ(最小行政単位)選挙と青年会(SK)選挙の立候補の届け出を締め切った。定数約67万人に対し、114万人が立候補。5月4日の選挙キャンペーン開始を前に、立候補者が麻薬売買に関与していないかなどを調査する…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:初めて行った海外はイン…(09/27)

8月新車販売14%減の3万台 CAMPI「消費回復の兆しも」(09/27)

大統領の支持率、13ポイント低下の75%に(09/27)

カルビーが合弁解消、ライセンス契約に切替(09/27)

26日為替:$1=54.325ペソ(↓)(09/27)

首都圏の最賃、20ペソ超の引き上げに(09/27)

ADB成長率予測、比を今年6.4%に下方修正(09/27)

アヤラのパンパンガ開発、工業団地が好調(09/27)

LTグループ、建設AEDCの株式取得(09/27)

BOI、ペトロン新プラントに法人税免除(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン