• 印刷する

テイクオフ:俳優のラッセル・クロウ…

俳優のラッセル・クロウさんが離婚に伴い私物を競売にかけたところ、370万豪ドル(約3億円)になったことが話題になった。さすがハリウッドスターだが、オーストラリアのフリマサイトなどでは時々「離婚セール」を見かけるのでそこまで奇抜でもないようだ。

オーストラリアの最新の離婚件数は人口1,000人当たりで1.9件と過去40年間で最少で、日本の1.81件と比べても大きな違いはない。ただ離婚をタブーとする風潮がないせいか、体感的には当地の方が圧倒的に多く感じる。元妻の誕生日会に現妻が出席するといったケースを目の当たりにし、当初は驚いたものだ。

日本でも離婚オークションはあるのかと調べるとさすがに見つけられなかったが、「離婚届風クリアファイル」などのジョークグッズや、結婚式ならぬ離婚式が登場するなど日本もなかなかたくましいと感じた。(松子) 


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:家族づきあいしているオ…(03/26)

NSWが280億$インフラ整備 与党、選挙公約実現へ(03/26)

豪財界、新国家ブランドを構築へ(03/26)

労働党の会計費控除制限、業界が見直し要請(03/26)

連邦裁が法人専門刑事局設立、王立委に対応(03/26)

WA接近のサイクロン、豪経済に10億$影響(03/26)

豪資源大手2社、NTでフラッキング再開へ(03/26)

豪CO2削減は不十分、EUとのFTAで圧力(03/26)

対EUのFTA、産地名保護で豪農家にも恩恵(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン