• 印刷する

車部品の展示会「オートメカニカ」が開幕

自動車部品の国際展示会「オートメカニカ・ホーチミンシティー」が、25日にホーチミン市7区のサイゴン展示会議センター(SECC)で開幕した。日系を含む17カ国・地域から出展者が集い、360社・団体がブースを構えた。

オートメカニカは、27日まで開催の予定で、来場者は8,500人を見込む。会場ではドイツのほか、台湾や韓国、マレーシア、シンガポールなどアジアの国・地域がパビリオンを設置。台湾の電気モーターメーカー、威剛科技(ADATAテクノロジー)は電動スクーターや電動バイク、ゴルフカート用のモーターを展示した。関係者は「小型で馬力があり、音も小さいモーターをアピールしたい」と話した。また、インドネシアからは車部品で最大手のアストラ・オートパーツや、エンジンなどのフィルター製造を手がけるサクラなども出展した。

日系企業では、シンガポールに拠点を置く日立ケミカルアジアパシフィックなどが出展した。同社はベトナムでは駐在員事務所を置いており、ベトナムでの取引は輸入販売が基本となる。自動車部品のうち、ベトナムではピニオンギアやターボチャージャー用部品の需要が特に大きいという。現状ではベトナム向けの輸出は小さいものの、車部品以外ではサムスン電子に半導体の原材料を販売するなど実績を積み重ねている。現在は食品のラップについてベトナムへの投入も検討しているという。

オートメカニカはアフリカやアジア、欧州、北中南米の17都市で開催されている。

自動車部品の展示会「オートメカニカ」には17カ国・地域から360社・団体が出展した=25日、ホーチミン市

自動車部品の展示会「オートメカニカ」には17カ国・地域から360社・団体が出展した=25日、ホーチミン市


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

いすゞ、ディーラー30店視野 特装車・温管車の需要掘り起こし(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

SHTP、テスラ向け電池メーカーを誘致中(08/17)

ゴジェック参入、運転手の争奪戦が激化(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

韓国の釜山港湾公社、米越に事務所設立へ(08/17)

産業用PCの神基、通年売上高は2桁増へ(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

鉄道の安全向上は最優先課題、予算7兆ドン(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン