• 印刷する

テイクオフ:「砂糖は抜きで!」イン…

「砂糖は抜きで!」インドネシア人の友人が飲み物を注文する際に店員に念押ししていた。彼女の発言に、「インドネシア人は甘い物とゴレンガン(揚げ物)が好き」というのは、もはや通用しなくなってきたのだと感じる。

約10年ぶりに再開した当地での生活。当時は入手困難であった無糖茶も今は各飲料メーカーが生産販売しており、容易に購入することができる。食に関してはサラダ専門店、健康食品取扱店も増えており、インドネシア人の健康志向の高まりを感じる。

フィットネスクラブも増え、毎週日曜日の朝には歩行者天国となった通りでは、ジョギングする姿が見られるなど運動も盛んだ。だが、通りの至る所には露店が多く出店し、運動を終えた人が立ち寄るのを待ち構えている。彼らが甘い誘惑に打ち勝ち、カロリーを消費したまま家路につくにはもう少し時間がかかるのかな。(知)

日曜日の朝、歩行者天国となった首都ジャカルタの目抜き通りで楽しむ人々=インドネシア(NNA撮影)

日曜日の朝、歩行者天国となった首都ジャカルタの目抜き通りで楽しむ人々=インドネシア(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末のジャカルタでは、…(11/19)

政策パッケージ第16弾発表 税優遇・投資規制の緩和に重点(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

アジアクエスト、三菱系ITセンターを支援(11/19)

エフコード、BCAにウェブ接客ツール導入(11/19)

19年の州最低賃金、33州で決定(11/19)

9月の対外債務、前年同月比4.2%増に減速(11/19)

ダイハツ小売り台数、1~10月は16万台(11/19)

五菱、独立機関による衝突試験の評価に反論(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン