テイクオフ:「砂糖は抜きで!」イン…

「砂糖は抜きで!」インドネシア人の友人が飲み物を注文する際に店員に念押ししていた。彼女の発言に、「インドネシア人は甘い物とゴレンガン(揚げ物)が好き」というのは、もはや通用しなくなってきたのだと感じる。

約10年ぶりに再開した当地での生活。当時は入手困難であった無糖茶も今は各飲料メーカーが生産販売しており、容易に購入することができる。食に関してはサラダ専門店、健康食品取扱店も増えており、インドネシア人の健康志向の高まりを感じる。

フィットネスクラブも増え、毎週日曜日の朝には歩行者天国となった通りでは、ジョギングする姿が見られるなど運動も盛んだ。だが、通りの至る所には露店が多く出店し、運動を終えた人が立ち寄るのを待ち構えている。彼らが甘い誘惑に打ち勝ち、カロリーを消費したまま家路につくにはもう少し時間がかかるのかな。(知)

日曜日の朝、歩行者天国となった首都ジャカルタの目抜き通りで楽しむ人々=インドネシア(NNA撮影)

日曜日の朝、歩行者天国となった首都ジャカルタの目抜き通りで楽しむ人々=インドネシア(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:環境汚染の原因の一つと…(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

テイクオフ:インドネシアの学校で1…(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

【この人に聞く】中小企業の国際物流を支援 アンダリン、日本企業とも提携(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

パティンバン港建設、JV5社が500億円受注(07/18)

プラデルタ、上半期の土地販売額は44億円(07/18)

【アジア自動車データ集】二輪販売(325)(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン