外国人雇用の大統領令、前大統領も反対の声

インドネシア政府が先月末に公布した、外国人の雇用について定めた大統領令『2018年第20号』に対する批判が、労働組合だけでなく、国会議員や前大統領からも飛び出している。24日付ジャカルタ・ポストなどが伝えた。 大統領令は、就労認可に要する期間をこれまでの20日間から6日…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワ新空港へ13路線移行 7月1日から、6航空が28往復(06/21)

1週間以内にLCCの運賃を値下げ、調整省(06/21)

預金準備率を引き下げ、政策金利は据え置き(06/21)

三井物産が酪農事業、乳牛5千キロ空輸(06/21)

ビトゥン経済特区、内外の40社が投資を検討(06/21)

【アジア業界地図】 航空産業編(06/21)

廃プラリサイクル製品の付加価値税減免を(06/21)

韓国開発支援公社、鉄道インフラ開発に関心(06/21)

国鉄が主要路線を増便、航空利用客の流入で(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン