SM系娯楽ベル、カジノ施設でホテル増設へ

フィリピンで娯楽・不動産開発を手掛ける、財閥SMグループ系のベル・コーポレーションは、国内の娯楽・観光施設を拡張する方針を打ち出した。第1弾として、マニラ首都圏パラニャーケ市のカジノ統合リゾート(IR)「シティー・オブ・ドリームズ・マニラ(CDM)」でホテルな…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

テイクオフ:各国の空港で旅行者が手…(02/18)

政府、20年の成長率目標維持 新型肺炎に懸念、支出増で下支え(02/18)

新型肺炎疑いの入院減少、水際対策が奏功(02/18)

出光興産、ブラカンで太陽光発電に参画(02/18)

電子製品輸出に打撃も、新型肺炎が影響(02/18)

日本が医療用品を支援、新型コロナ対策で(02/18)

再生エネ発電、40年に2千万kWへ増強(02/18)

比の再生エネに200億ドル投資、米機関予測(02/18)

映像ビバがIPO再計画、40億ペソ調達へ(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン