SKハイニックス、1Qの営業利益は8割増

韓国の半導体大手、SKハイニックスが24日発表した2018年1~3月期の連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年比77%増の4兆3,673億ウォン(約4,415億3,000万円)だった。主力の半導体メモリー需要は、飽和状態のスマートフォン向けが弱含んだものの、インターネットデータ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:3月から夏にかけては、…(03/21)

現代自がインド開拓を加速 現地配車大手に335億円投資(03/21)

LG系列社を不当内部取引で調査、公取委(03/21)

20年間で賃金154%上昇も、生産性は低く(03/21)

韓国ロジスバレー、北部に物流センター開設(03/21)

SKT、5G活用した野球中継を開始(03/21)

LGイノ、3Dセンサーと車載部品に注力(03/21)

車部品の万都、印マヒンドラにADAS供給(03/21)

航空機部品製造、相次ぐ越進出(03/21)

新興市場向けモデル生産か、ルノーサムスン(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン