テトの日用品販売、45兆ドン 日系の小売り各社は軒並み堅調

市場調査会社カンター・ワールドパネルが先に発表した2018年のテト期(旧正月、2月18日までの4週間)の日用品と贈答品の購入額は、45兆ドン(20億米ドル、約2,130億円)に達した。17年の国内総生産(GDP)の1%に当たる規模で、特に地方での拡大が顕著だった。日系の小売り各…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

不動産融資、銀行が慎重姿勢 高級物件の供給過剰に懸念強まる(05/22)

飲食店の購買管理サイト、日系企業が開発(05/22)

港に滞留のBMW600台、ドイツに再輸出(05/22)

韓国カムシス、ベトナムで超小型EV生産へ(05/22)

グラブのウーバー買収、競争当局が正式調査(05/22)

ダナン市、2カ所にアンダーパス建設案(05/22)

THグループ、小麦胚芽の発酵飲料発売(05/22)

製紙NTPM、5千万リンギで生産増強(05/22)

ビール市場、成長続くも参入は困難(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン