鍾根堂、日本のバイオシミラー市場に初進出

韓国の製薬大手、鍾根堂が日本のバイオ後続品(バイオシミラー)市場に初めて進出する。このほど、米国の大手製薬会社の日本法人と協和発酵キリンの腎性貧血治療薬「ネスプ」のバイオシミラーの輸出契約を結んだ。

鍾根堂は、契約一時金収入のほか、マイルストーン(開発の進展に応じた支払金)収入やロイヤルティー収入などを受け取る。同社担当者はNNAの取材に対し、「契約上、会社名や契約規模は公開できない」と話した。

鍾根堂はすでに国内では、臨床試験を終えて、食品医薬品安全処に販売許可申請を済ませている。


関連国・地域: 韓国日本米国
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品化学・石化

その他記事

すべての文頭を開く

開城工団の操業再開を提案か、首脳会談で(15:34)

車の安全旋回部品、現代モービスが開発(17:03)

5G技術で世界に発信、南北首脳会談(18:25)

ブロックチェーン事業を本格化、SKT(18:25)

SKハイニックス、1Qの営業利益は8割増(18:25)

ソウル路線の利用促進へ、仙台空港が覚書(18:28)

CJオーショッピング、東欧同業を買収へ(18:25)

SBベンチャーズ、中古取引社に45億W出資(18:28)

テイクオフ:韓国の公教育は崩壊した…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン