欧州社会党幹部を国外退去、政権批判理由か

【マニラ共同】フィリピン入管当局は15日、中部セブの空港に到着した欧州連合(EU)欧州議会の中道左派、欧州社会党のフィリベック事務次長の入国を認めず、国外退去処分にした。フィリピンの左派政党アクバヤンが明らかにした。入管は理由を公表していないが、ドゥテルテ政権の…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

製パン最大手、ミンダナオ工場が3Qに稼働(20:59)

不動産SMプライム、今年は800億ペソ投資(21:00)

鉱山面積制限案、ニッケル最大手は影響なし(21:00)

テイクオフ:常夏のマニラが特に暑い…(04/25)

Dr.ストレッチ、出店加速へ 9月までは土台作りに集中も(04/25)

優遇撤廃に15年の移行期間 税制改革第2弾、貿産省が提案(04/25)

ミ島で2千キロの鉄道実現へ、調査提言(04/25)

首都空港拡張計画、有力7社が再提案を検討(04/25)

ゴジェック、国内配車アプリ市場に参入検討(04/25)

JICA、ダバオ洪水対策の基本計画策定へ(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン