阪急阪神不動産、イレカと合弁 中間層狙いマレーシア進出

マレーシアへの進出を決めた阪急阪神不動産は、成長する中間層の需要取り込みに注力する。同社は地場不動産開発大手イレカ・コーポレーションと提携し、ヌグリスンビラン州ニライでマンション開発を5月から開始する。高級マンション開発で実績を持つイレカに、阪急阪神不動産は中…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

物流J&T、年内にタイと比進出を計画(16:54)

テイクオフ:マハティール政権初の通…(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

東京海上、健康管理サービス始動 日系企業の医療費負担増に対応(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

通年販売目標58万5千台に下方修正=MAA(07/19)

6月の新車販売、前年同月比28.3%増(07/19)

6月の物価上昇率、40カ月ぶりの低水準(07/19)

RM=27.8円、$=4.06RM(18日)(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン