米企業がサムスン提訴、生体認証特許巡り

12日付電子新聞は、暗号化技術を開発する米国のPACidテクノロジーが、生体認証技術の特許を侵害されたとして、サムスン電子をテキサス州東部地区連邦地方裁判所に提訴したと報じた。3兆ウォン(約3,000億円)規模の損害賠償を求めたもよう。生体認証技術でスマホメーカーを相…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「米朝は新たな新常態へ」、米専門家が講演(13:50)

ロッテが投資計画、23年までに50兆ウォン(13:50)

ウエアラブルロボの導入加速、現代・起亜自(12:08)

テイクオフ:韓国ではこれまで、企業…(10/23)

物流にブロックチェーン活用 サムスン、欧州でプロジェクト(10/23)

蔚山市、現代自と燃料電池車の普及で提携(10/23)

現代自、初級者向けレース大会を来年開催(10/23)

韓国企業がビメコと提携、スマート都市で(10/23)

中国企業のパネル人材獲得先、台湾から韓国に(10/23)

韓国GM新会社に仁川市反発、敷地回収検討(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン