• 印刷する

ATOが中小企業の不当扱い、政府が調査へ

オーストラリア国税局(ATO)が中小企業を不当に扱っているとの報道を受け、連邦政府が調査を開始することが分かった。これに対してATOは、組織上の問題はないと主張している。11日付地元各紙が伝えた。

メディア大手フェアファクスと、公共放送ABCの報道番組「フォー・コーナーズ」は9日、ATOの職員によるパワハラや威嚇、事実隠しなどの不当な行為により、小事業主や個人が経済的に破綻したケースを報じた。

報道を受け、オドワイヤー金融サービス相は「深く懸念している」としてこの件について調査を命じたことを明らかにした上で、報告書を受け取った後に今後の対応について検討すると述べている。

だが、ATOは声明を発表し、フェアファクスとABCの報道が「バランスを欠いた説明」と「日和見ジャーナリズム」、「お粗末な情報に基づく分析」によるものだと批判。少数の個別のケースについて片方の側の話だけを伝え、ATO全体の問題だと示唆しているとし、両社が示した主張と見解に「強く反対する」と述べている。

ATOによれば、納税者と毎年、約1億5,000万件のやり取りを行っているが、これについて苦情や反論が申し立てられる割合は0.1%未満だという。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地元のジュニア・バレー…(01/22)

今年の豪賃金、資源がけん引 大型プロジェクトが押し上げ(01/22)

石炭港で労組がピケ、ロックアウトに抗議(01/22)

〔政治スポットライト〕労働党、政府調達で地場企業利用義務付け(01/22)

電力網は熱波で限界、停電の危険=AEMO(01/22)

豪横断ガスライン、政府は採算性に疑問(01/22)

製造レマパックが破綻、ガス価格高騰で(01/22)

鉄道からトラックへの切り替え困難=大手企(01/22)

豪ジェットスター、乗客乗せすぎ判明(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン