自動車の外資出資制限を緩和 習主席が明言、関税引き下げも

中国の習近平国家主席は10日、自動車産業への外資による出資制限を緩和する方針を表明した。外資がマジョリティーを握るメーカーの設立が可能になると期待される。市場開放を加速することで米国との貿易摩擦を緩和する思惑もあるとみられ、年内に自動車の輸入関税を引き下げること…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 自動車・二輪車金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

テイクオフ:できるだけ個人情報が流…(09/30)

【ラオス経済通信】20年のGDP成長率、マイナス2.5%へ下方修正 第153回(09/30)

日本企業に地方政府が熱視線 博覧会開催、各地にモデル区(09/30)

ワクチン接種、医療従事者を最優先(09/30)

9月の輸出額、18%増の275億ドル(09/30)

コロナ対策「おおむね維持の方向」、林鄭氏(09/30)

交通インフラ投資、1~8月は10.5%増(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン