荏原、HCM市に大型水中モータポンプ出荷

荏原製作所はホーチミン市のポンプ機場向けに水中モータポンプを出荷した(同社提供)

荏原製作所はホーチミン市のポンプ機場向けに水中モータポンプを出荷した(同社提供)

荏原製作所は10日、ホーチミン市内にあるポンプ機場向けに大型の水中モータポンプを出荷したと発表した。ポンプの口径は1,000ミリメートルで、一般的な水中モータポンプの2倍以上で最大級の大きさとなる。

契約金額は非公開。千葉県富津市の工場から3月に出荷した。荏原の大口径ポンプにより、ポンプ場の総排水量は約3倍になり、下水道網から幹線に集まった下水を大水量で送水することができる。またポンプの軽量・コンパクト化により、ポンプ機場の限られたスペースへの設置も可能となった。

ベトナムでは、人口増加や都市化に伴う洪水対策などに対応するため、ポンプ場の処理水量の増強が求められている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

主要上場、増収増益は4割 成長スピード鈍化=1Q決算(05/23)

米商務省、ベトナム製の鉄鋼に反迂回措置(05/23)

携帯メットフォン、高速4.5Gサービス開始(05/23)

ホンダの四輪車販売、4月は単月最高に(05/23)

グラブが値上げを否定、利用者からは不満も(05/23)

ビングループ、ダナンでコンドテル開業(05/23)

アジアのタービン市場は有望=シーメンス(05/23)

電力消費量、猛暑で昨年を上回るペース(05/23)

VNPT、カントー市をスマートシティー化(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン