タイ正月向けオンライン販売好調=タラッド

タイの電子商取引(EC)大手タラッド・ドットコム(Tarad.com)は、水鉄砲やアロハシャツなどタイ正月(ソンクラーン)関連用品のオンライン売上高が好調に推移していると明らかにした。9日付ポストトゥデーが報じた。

パウット最高経営責任者(CEO)によると、若者を中心にオンラインショッピングの普及が進んだため、例年よりも関連用品の売上高が伸びている。4月は通常、海外旅行や帰省で外出する人が多いためオンラインショッピングの売上高は減少するが、ソンクラーン休暇前の特需によりある程度の穴埋めができそうだという。

一方、消費財大手サハ・グループは、今年のソンクラーン期間中の同社の売上高が小幅な伸びにとどまると予測する。市況の回復で昨年は上回るものの、衣料品や化粧品などはまだ販売回復が遅れている。飲料については、気温が上昇すればある程度の増収が見込まれるとしている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

広告VGI、物流ケリーに23%出資を計画(19:30)

テイクオフ:「怖がらなければ、何が…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

1~3月の輸出11%増 主要品目が拡大、通年8%増見込(04/24)

東亞合成、樹脂加工製品の素材工場(04/24)

SCG傘下のプラ企業、越の同業に追加出資(04/24)

アリババ、輸入品の非課税枠拡大を要請(04/24)

テスコ、店舗面積を60万平方フィート拡大(04/24)

CP、セブンのアジア太平洋展開に意欲(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン