• 印刷する

知るカフェ、インドで4店舗目開業

エンリッションは、インドで4店舗目となる「知るカフェ」をIITデリー校に開業した=9日、ニューデリー(NNA撮影)

エンリッションは、インドで4店舗目となる「知るカフェ」をIITデリー校に開業した=9日、ニューデリー(NNA撮影)

エンリッション(京都市)は9日、インド工科大学(IIT)デリー校に国内4店舗目となるカフェチェーン「知るカフェ」を開業した。学生に日系企業のインターンシップ情報などを提供することで、就職先としての認知度向上を図る。

知るカフェでは、事前に学生がオンライン登録をすることで、飲料を無料配布している。企業とスポンサー契約を結び、店舗に設置したスクリーンや紙コップに広告を掲載。インターンシップなどの情報を提供している。IITデリーでは村田製作所と契約を締結しており、スクリーンには「muRata」の文字が表示されている。

会員登録数は開業前に約4,000人に上り、学生の約半数を既にネットワークに取り込んだ。エンリッションの柿本優祐最高経営責任者(CEO)は、「他店舗では登録数が全学生の8~9割まで上昇する傾向にあり、デリー校でも向こう1カ月ほどで同水準まで上がるとみている」と話す。

今後は起業家の支援も視野に入れる。IITデリー校では4人に1人が起業を希望している。エンリッションは国内外の投資会社と協力し、知るカフェのオンライン登録を通じて得た情報を基に投資先を検討する。柿本CEOは「われわれのミッションは学生の支援。学生が起業する段階から支援していきたい」と述べる。

同社はデリー校のほかに、IITムンバイ校(西部マハラシュトラ州)、ハイデラバード校(南部アンドラプラデシュ州、テランガナ州)、インドール校(中部マディヤプラデシュ州)で知るカフェを運営している。年内にはカラグプール校(東部・西ベンガル州)でも開業する予定だ。パトナ校(東部ビハール州)とローパル校(北部パンジャブ州)でも準備を進めている。柿本CEOによると、他のIITからも開業の問い合わせが来ているという。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

6月の乗用車販売、スズキが5割減まで回復(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

6月の二輪販売、3社が3~4割減まで回復(07/03)

インドの中国製品排除に反発、商務省(07/03)

中国発の貨物、通関手続き再開(07/03)

物流DHL、中国からの輸出貨物集荷停止(07/03)

デリー空港、通関で書類不要の新システム(07/03)

ボーダフォン、昨年度は1兆円の赤字(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン