• 印刷する

電子廃棄物、今年は100万トン突破の可能性

マレーシア政府環境局(DOE)によると、使用しなくなった携帯電話やパソコンなどの電気電子機器廃棄物(電子廃棄物)は今年、100万トンの大台を超える見通しだ。政府や回収業者などは、環境への影響や再利用の価値を考慮し、適切に廃棄するよう消費者に呼び掛けている。9日付スターが伝えた。

DOEが公表した資料によると、電子廃棄物は2010年時点で推定70万6,295トンだったが、17年には97万6,023トンに増大。今年は103万1,175トンに増え、20年には111万9,155トンに達する見込みだ。

今年の機器別廃棄量(推定)はパソコンが54万6,937トンで最も多く、テレビが21万7,758トン、携帯電話が2,136トン。パソコンは20年には60万8,191トンに増えるとみられている。

一方で政府や業者は、消費者に適切な廃棄ルールに従った処分を呼び掛けている。天然資源・環境省は、電子廃棄物の増加と同廃棄物に有害な素材が含まれていることなどを考慮。13年に消費者の意識向上を図るとともに、政府が認可した業者に対して、適切な回収、選別、再生を実施するよう求めるプログラムを制定した。

政府の方針に従い、公認された民間業者も積極的に電子廃棄物の回収事業に乗り出している。「ユースト・コンピューター」ブランドで電子廃棄物の回収などを行うTMリサイクルITは、スランゴール州インダ島で大規模な回収、選別、再生施設を運営。さらにペナン、サバ、サラワク各州にも事業所を設置し、企業や個人から電子廃棄物を受け入れる態勢を整えている。

スランゴール州プタリンジャヤにある商業施設「IPCショッピングセンター」も、電子廃棄物の回収・買取施設「IPCリサイクリング&バイバック・センター」を開設。バッテリーなどの回収につき、消費者にポイント制で恩恵を与えるシステムを運営している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昼食を購入しようと弁当…(08/16)

小売業の賃貸可能面積が拡大 供給過剰に落ち着きも賃料横ばい(08/16)

新規感染3045人、累計473.6万人に(08/16)

RM1=29.9円、$1=RM4.46(15日)(08/16)

証取所、年内に自主的炭素取引市場を開設(08/16)

マ航空が羽田線就航、JALとコードシェア(08/16)

興行ゲンティン、1~6月は4%減益(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン