• 印刷する

アドテックプラズマ、越工場を2倍に増強

プラズマ用高周波電源などを製造するアドテックプラズマテクノロジー(広島県福山市)は6日、300万米ドル(約3億2,000万円)を投じて北部バクニン省にあるベトナム工場を増強し、2019年8月期中に生産能力を現在の2倍に引き上げると発表した。

完全子会社フックソン・テクノロジー(PST)が、クエボー工業団地で延べ床面積5,000平方メートルの工場を建設する。同社は高周波電源やマッチングユニットおよびケーブルを製造・販売している。新工場は6月に着工し、12月に完成予定。

スマートフォンなど向けの成膜装置メーカー、さらに半導体製造装置メーカーの設備投資は好調に推移すると見込まれることから新工場建設を決めた。またPSTは、工場建設資金をねん出するため増資も行う。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

「第三の市場」に関心高まる 二大都市に続き19年に進出加速も(01/16)

電動バイクのペガ、新車ニューテック発売(01/16)

フォードがHCM市12区に店舗、国内40店に(01/16)

〔政治スポットライト〕豪州、東京TPP会合で加盟国拡大推進へ(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

南北高速道、月内に関連8事業の入札開始へ(01/16)

鉄鋼ホアセン、18年度は大幅減益(01/16)

PVガス、18年の目標前倒しで達成(01/16)

松井製作所、HCM市に現地法人設立(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン