アリババ、95億ドルで餓了麼を完全子会社化

中国電子商取引(EC)最大手の阿里巴巴集団(浙江省杭州市、アリババ)は2日、95億米ドル(約1兆100億円)を出資し、出前サイト「餓了麼」を完全子会社化することで同サイトの運営会社と合意した。

経済日報系の中国経済網が2日伝えた。出資は、アリババとその傘下で電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営するバ蟻金融服務集団(アントフィナンシャル、バ=むしへんに馬)が共同で行う。

アリババの張勇・最高経営責任者(CEO)は出前サービスについて、最も高い頻度で利用されている現地生活サービスの一つと、その重要性を指摘。子会社化後は、アリババ傘下のOtoO(オンラインから実店舗へ消費者を呼び込むビジネスモデル=オンライン・ツー・オフライン)プラットフォームで生活情報サイトの「口碑」と餓了麼を連携させ、生活サービス分野を新たに開拓していく考えを示した。出前サービスで培われた配送ネットワークは、アリババが進めるオンラインとオフラインを一体化させた「新しい小売りビジネス」の展開に必須の商業インフラになるだろうとの見方も示した。

アリババはこれまでもバ蟻金融と共同で餓了麼への継続的な出資を行っており、2016年には計12億5,000万米ドルを出資して筆頭株主となり、昨年8月時点で出資比率を37%まで引き上げていた。


関連国・地域: 中国-浙江
関連業種: IT・通信食品・飲料金融・保険商業・サービス運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

QDLPとQDIE、限度枠50億ドルに拡大(12:38)

鉱業省など3省、石油法制定へ再協議(04/25)

テイクオフ:上海市楊浦区の上海市肺…(04/25)

中国消費取り込むタイ産果物 旅行者に需要、ECで販路拡大も(04/25)

【パキスタン】存在感高める中国 第2回 過剰債務に懸念、日本不在響く(04/25)

HKEXが新上場ルール導入 バイオ企業9社がIPO意向(04/25)

米の制裁は客観事実を無視 知財局が批判、外資保護強調(04/25)

TPK、欧菲光との相互出資計画を撤回(04/25)

ザイカバー、複合開発で中国企業と提携(04/25)

家電アクア、香り機能付きエアコン投入(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン