• 印刷する

アリババ、95億ドルで餓了麼を完全子会社化

中国電子商取引(EC)最大手の阿里巴巴集団(浙江省杭州市、アリババ)は2日、95億米ドル(約1兆100億円)を出資し、出前サイト「餓了麼」を完全子会社化することで同サイトの運営会社と合意した。

経済日報系の中国経済網が2日伝えた。出資は、アリババとその傘下で電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営するバ蟻金融服務集団(アントフィナンシャル、バ=むしへんに馬)が共同で行う。

アリババの張勇・最高経営責任者(CEO)は出前サービスについて、最も高い頻度で利用されている現地生活サービスの一つと、その重要性を指摘。子会社化後は、アリババ傘下のOtoO(オンラインから実店舗へ消費者を呼び込むビジネスモデル=オンライン・ツー・オフライン)プラットフォームで生活情報サイトの「口碑」と餓了麼を連携させ、生活サービス分野を新たに開拓していく考えを示した。出前サービスで培われた配送ネットワークは、アリババが進めるオンラインとオフラインを一体化させた「新しい小売りビジネス」の展開に必須の商業インフラになるだろうとの見方も示した。

アリババはこれまでもバ蟻金融と共同で餓了麼への継続的な出資を行っており、2016年には計12億5,000万米ドルを出資して筆頭株主となり、昨年8月時点で出資比率を37%まで引き上げていた。


関連国・地域: 中国-浙江
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国民が求める改革を推進、習総書記が強調(14:57)

涼茶の鴻福堂、中国の全店閉鎖で撤退(13:44)

米レミットリー、送金シェア4割めざす(13:46)

米中貿易戦争、比は年間47億円受益(13:44)

テイクオフ:「偽札が1枚あったら全…(09/21)

中国各地から高鉄で香港へ 国慶節、乗車券売り切れ相次ぐ(09/21)

千代田インテが車載部品強化 電動化に対応、機能材に強み(09/21)

ラオス中国鉄道、雇用問題を解決=学会(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

高鉄開通でキャセイに打撃、路線網に影響も(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン