タイでバス炎上21人死亡、ミャンマー人労働者

【バンコク共同】タイ警察などによると、北西部ターク県で30日、ミャンマー人の労働者ら50人が乗ったバスが炎上し、21人が死亡した。査証(ビザ)更新のため、首都バンコク周辺に向かっていたという。労働者の1人がバスの中にたばこの吸い殻を落としたとの目撃証言があり、警察が…

関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

PTT、Sカーブ投資推進に孫会社設立(19:05)

テイクオフ:日本の地元の駅の階段は…(03/26)

親軍政が得票伸ばし続投濃厚 暫定結果、小選挙区はタクシン派(03/26)

タイ政治巡る今後の動き(03/26)

「民主党の大敗」に見るタイ社会の変容(03/26)

何が変わり、変わらなかったか=タイ総選挙(03/26)

投票日前日に票の買収が横行=監視団体(03/26)

FTI会長が首相続投支持、経済界も継続性(03/26)

「市場は様子見続く」=みずほ総研松浦氏(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン