タイでバス炎上21人死亡、ミャンマー人労働者

【バンコク共同】タイ警察などによると、北西部ターク県で30日、ミャンマー人の労働者ら50人が乗ったバスが炎上し、21人が死亡した。査証(ビザ)更新のため、首都バンコク周辺に向かっていたという。労働者の1人がバスの中にたばこの吸い殻を落としたとの目撃証言があり、警察が…

関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「お父さんは田舎で一人…(04/26)

1~3月の車生産は11%増 国内向け好調、年2百万台に弾み(04/26)

三菱自が国内生産MPV輸出 合計3万台目標、まずフィリピン(04/26)

1~3月の車輸出、4%増の29.5万台(04/26)

MG車の販売好調、通年で3万台予測(04/26)

タイ航空、5月に第3ターミナルへ移行(04/26)

主要6空港利用者、3月は10%増の1284万人(04/26)

ナコンパノム空港拡張、4億円を政府に要請(04/26)

地方県のコンド登録数、バンコク超えが続く(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン