タイでバス炎上21人死亡、ミャンマー人労働者

【バンコク共同】タイ警察などによると、北西部ターク県で30日、ミャンマー人の労働者ら50人が乗ったバスが炎上し、21人が死亡した。査証(ビザ)更新のため、首都バンコク周辺に向かっていたという。労働者の1人がバスの中にたばこの吸い殻を落としたとの目撃証言があり、警察が…

関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

自動車生産、1月は13%減 通年見通しは200万台に据え置き(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

1月の自動車輸出は20%減、7カ月連続縮小(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

撤退発表のGM、在庫を大幅値下げへ(02/21)

GPSCと高砂、ラヨーンに電池工場建設へ(02/21)

日本のインフラ技術を訴求、首都でセミナー(02/21)

東芝、20年は家電販売で15%増収目標(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン