• 印刷する

スレンバン郊外にハラル分析センター

マレーシア政府は3月29日、世界でも例がないハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)分析施設「マレーシア・ハラル分析センター(MyHAC)」をヌグリスンビラン州バンダルエンステックに開設した。3月30日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

アーマド・ザヒド・ハミディ副首相は開業式に寄せたメッセージで、「施設は国際的なハラル産業の一層の進歩に寄与する。ハラル認証手続きがより効率的になる」と指摘した。

分析センターはハラル認証に際し、書面審査や実地調査だけでなく、科学的分析という手段で商品原料がハラルに該当するかどうかを確認するものだ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

国営石油、関連業者の上場支援で6社と提携(02/21)

新型肺炎流行で10万人失業は空論、政府(02/21)

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(02/21)

インドネシアで港湾運営参入、デスティニ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

スズキ四輪、4年ぶり参入か 複合ナザと代理店交渉=地元報道(02/21)

クルーズ船乗員も陰性、近く出航(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

1月新車販売は12%減の4.3万台(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン