• 印刷する

スレンバン郊外にハラル分析センター

マレーシア政府は3月29日、世界でも例がないハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)分析施設「マレーシア・ハラル分析センター(MyHAC)」をヌグリスンビラン州バンダルエンステックに開設した。3月30日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

アーマド・ザヒド・ハミディ副首相は開業式に寄せたメッセージで、「施設は国際的なハラル産業の一層の進歩に寄与する。ハラル認証手続きがより効率的になる」と指摘した。

分析センターはハラル認証に際し、書面審査や実地調査だけでなく、科学的分析という手段で商品原料がハラルに該当するかどうかを確認するものだ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

航空関連の苦情件数、上半期は5.6%減(20:14)

OSKベンチャーズ、貸金業の免許取得(20:13)

中小企業、コンプラが重荷に 最低賃金で年6200リンギ負担(09/20)

いすゞ、新型エンジン搭載のピックアップ投入(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

エアアジアCEO、同社など以外の取締役辞任(09/20)

ヘイズ責任企業、国外でも罰則適用方針(09/20)

RM1=25.8円、$1=4.19RM(19日)(09/20)

30億リンギの景気対策か、来年度予算案で(09/20)

再エネ業界、向こう数年で160億リンギ調達も(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン