• 印刷する

テイクオフ:台湾かなと思ったら、や…

台湾かなと思ったら、やはり台湾だった。jjjという川崎出身のヒップホップアーティストが17年に発表した「HIKARI」というアルバムのジャケット。一般での知名度は低いが、人気バンドであるアジアン・カンフー・ジェネレーションの後藤正文が、坂本龍一の協賛なども得て今年から始めた音楽賞の第1回大賞を受賞したという話題性もあり、手に入れてみた。

台湾に多い騎楼(建物のアーケード)の下で、男が緑色の電飾に照らされながら正面を見据える。本人インタビューによると、台湾に知り合いがおり、「雑多で汚いけどかっこいい」感じを取り入れたくてこの写真を選んだらしい。

アジアでもヒップホップは盛んで、アーティスト同士の交流も深まっているという。言葉が通じなくても感性が合えば「リスペクト」しあう仲間たち。表通りとは違ったところに広がる台湾とのつながりを発見するのも、また面白い。(蔵)

 


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾本島の最南端、墾丁…(08/22)

台湾とエルサルバドルが断交 国交17カ国に、中国が金銭で圧力(08/22)

環球晶円、下半期以降の業況を楽観視(08/22)

中国当局が環境検査、台湾PCB各社に影響も(08/22)

タイヤの正新、EVタイヤで独ベンチャーと提携(08/22)

ステンレスの允強、2Qは前期比91%の増益(08/22)

サツマイモの瓜瓜園、2020年にIPOへ(08/22)

中研院と生技中心、バイオ新薬の開発などで提携(08/22)

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

上銀、ロボット用減速機の量産を加速(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン