外資のPHVシフト鮮明に 消費者の環境意識、高まりに期待

外資の高級自動車メーカーは、28日に開幕した「第39回バンコク国際モーターショー」で、タイ政府が優遇措置を取っている電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を積極的にアピールし、新モデルの投入も明らかにした。各社は消費者の環境保全に対する意識の高まり…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(11:30)

テイクオフ:美容大国タイ。どんなも…(10/22)

タイを日本人起業家の拠点に 日本政府が本腰、財閥と提携支援(10/22)

LINE、クラウドソーシング企業に出資(10/22)

四国電力、タイでEV製造のFOMMに出資(10/22)

CRCタイワサドゥ、カーケア事業に参入(10/22)

ベスパ、プリマベーラ50周年記念モデル発売(10/22)

カンボジアとタイ、共通ビザの導入再提案(10/22)

富士通、新スキャナー「iX1500」を発表(10/22)

ライモンと東京建物、コンド2件を発表(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン