• 印刷する

テイクオフ:「機材は既に到着してい…

「機材は既に到着しているので、もうしばらくお待ちください」。先日、上海―広州のいわゆるドル箱路線を利用した時のこと。搭乗口でのアナウンスが、やたらと仔細な内容にまで及んでいることに気が付いた。確かに機材が来ていれば遅延したとしてもたかがしれているだろうし、逆に予定時間間際になっても未着ならば乗客の不安、不満は募るかもしれない。

記憶が頼りだが、このような機材の到着状況まで知らせるアナウンスは中国のほかではあまり聞かない。多くの利用者を抱え、かつ頻繁にディレイする特殊な事情から生まれた対応なのだろう。

復路便はB747の大型機による運航だった。これも個人的な経験なのだが、横10列で2階席もあるジャンボに乗ったのは初めて。このような機材が国内線で活躍するとは。久々の航空機による国内出張で、改めてこの国のスケールの大きさを思い知らされた。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

17年GDPを下方修正、成長率6.8%に(14:03)

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(14:01)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン