• 印刷する

テイクオフ:飛行機に乗り損なったこ…

飛行機に乗り損なったことが一度だけある。マニラ発、東京行きの便だった。急ぎの所用があり、空港で別の便を取り直して、タクシーで第1ターミナルから第2ターミナルへ走った。

大急ぎで――。伝えるこちらの声は、息が上がって震えていたかもしれない。運転手は前のめりで発進したが、しばらくするとタガログ語を教えてやると言ってきた。「マガンダン」は英語の「グッド」。「マガンダン・ウマダはグッド・モーニング。マガンダン・ララキはハンサム・ガイ」。聞き流すうちに、慰められているのだと気付いた。

運転手は南のミンダナオ島から出稼ぎに来たイスラム教徒だった。故郷では一つ屋根の下に二人の妻が暮らし、「帰省すると両方の頬にキスが飛んでくる」とのろける。日本だったら修羅場になるな。つぶやいたら、笑っていた。そのとき以来、マガンダンはいちばん好きなタガログ語だ。(成)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/16)

新型コロナ、新たに1万726人感染(04/16)

新型コロナ、新たに1万1101人感染(12:46)

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

新型コロナ、新たに1万1429人感染(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ワクチン接種125万人完了、4割止まり(04/16)

鉱業免許の新規発行再開、9年ぶり(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン