【為替マーケット分析】鮮度の高い政治ネタが席巻中

■これまでの動き 先週の豪ドルは、対米ドル、対円共に2週連続となる陰線を引いた。対米ドルでは3月21日0.7672と昨年12月下旬以来の安値を付け、対円では26日に80.45付近と2016年11月以来の安値を付けた。 本来であれば、先週は、最重要イベントである米連邦公開市場委員会(F…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人から誕生…(01/21)

国際紙パルプ商事、豪企を買収 豪NZでの地位確立狙う(01/21)

〔政治スポットライト〕労働党、研究開発への減税を拡大表明(01/21)

自動運転車、第三者保険めぐり業界で議論(01/21)

DJs、クリスマス前の売り上げ振るわず(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

コーガン上半期、海外商品売上が46%大幅減(01/21)

AGL、石炭灰に重金属発見で販売中止へ(01/21)

電力小売デルタ、中国資本で発電所計画(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン