• 印刷する

幼児死亡率、20年までに半減目指す=保健省

カンボジア保健省は、幼児死亡率を2014年の1,000人当たり30人から、20年末までに同14人と約半分に減らす目標を明らかにした。同国では、幼児が窒息や低体重、感染症で死亡する割合が高い。クメール・タイムズ(電子版)が27日伝えた。

26日に公表された政府の報告書によると、2017年には病院で治療を受けた5歳以下の子ども27万2,886人のうち、2,124人が死亡した。保健省は助産師を幼児医療の専門家とするための人材育成を進め、母親が直接赤ん坊を素肌に抱くことで母子の健康を守る「カンガルーマザーケア」を広めていく。

カンボジア国内で、17年に定期ワクチンを受けた1歳以下の乳児は、全体の9割に当たる32万6,328人。ワクチン接種で防ぐことができたポリオや百日せき、はしかの感染は1,199件あった。

同年の新たなエイズウイルス(HIV)の感染者は572人。14歳以上の感染者の85%、14歳未満の97%が治療を受けている。HIVの罹患率は1998年に1.6%だったが、17年は0.6%に減った。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

首都の集合住宅が急拡大 30年に2.8万戸、外国人増などで(12/19)

鉱業省、19年末にも初の原油生産開始(12/19)

下院有力議員、EU制裁検討で仏議員と会談(12/19)

与党・人民党が党大会、経済開発や成果協議(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

主要空港の旅客数、18年は1000万人超えも(12/19)

セサン水力発電所が本格稼働 国内最大、輸入電力低減へ(12/18)

日産、新型SUV「テラ」を発売(12/18)

首相、中国企業のダラサコル開発事業を絶賛(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン