• 印刷する

香港の2月輸出額1.7%増、13カ月プラスに

香港政府統計処は27日、2月の輸出額が前年同月比1.7%増の2,457億4,400万HKドル(約3兆3,000億円)だったと発表した。13カ月連続のプラス。ただ伸び幅は前月から16.4ポイントの鈍化となった。旧正月(春節)が影響したとみられる。前月比では29.8%減。

統計処は今年1月から、従来あった地場輸出、再輸出の内訳の発表を取りやめている。

輸入額は前年同月比3.2%減の2,884億7,600万HKドルで、マイナス成長は昨年1月以来。貿易収支は427億3,200万HKドルの入超となった。

輸出先別にみると、日本向けは16.1%増の88億2,400万HKドルと好調だった。輸出先2位の米国も31.8%増。ドイツ(50.5%増)、シンガポール(16%増)、オランダ(19.6%増)も強く伸びた。一方、全体の50.6%を占める中国本土は10.5%減の1,243億9,900万HKドルとなり、足を引っ張った。ベトナム(26.8%減)も落ち込んだ。

輸入元別では、全体の41.6%を占める本土からが0.6%減の1,200億8,600万HKドル。日本からは13.8%減の173億7,400万HKドルで、3カ月ぶりのマイナス。主要10市場のうち、8市場が減少した。マレーシアは71.8%増、スイスは37.6%増と伸び幅が目立った。

1~2月の輸出額は前年同期比10.7%増の5,955億5,300万HKドル。輸入額は10.5%増の6,699億8,100万HKドルで、貿易収支は744億2,800万HKドルの入超だった。

政府報道官は、旧正月の影響が消える1~2月で見た輸出額が2桁増と好調だったと指摘。ただ米中間などの貿易摩擦が、香港の今後の貿易環境に悪影響を与える恐れにも触れた。


関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

銅鑼湾オフィス賃料が急上昇 3年ぶり上げ幅、空室率低下で(08/21)

週末住宅取引、新築は8割減の35戸に(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

テクノロジー人材育成策、政府が近く発表(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

本土からの予防接種旅行が増加、香港に恩恵(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

小米系フィンテック会社、仮想銀行申請へ(08/21)

続伸、騰訊が大幅上昇=香港株式(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン