• 印刷する

VW、ジョ州のアジア部品拠点年内完成

ドイツ自動車大手、フォルクスワーゲンは、マレーシア・ジョホール州タンジュンプルパス港の自由貿易地域に建設しているアジア太平洋地域の部品拠点が今年末までにも開業するとの見通しを明らかにした。26日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

同社はこれまでシンガポールに部品拠点を置いていたが手狭だったため、2016年に移転を発表。昨年から工事に着手していた。物流施設の面積は5万平方メートルで、港湾に直結している。これにより、マレーシア地場ディーラーへの部品供給が2日以内から24時間以内に短縮される。このほか、アジア28市場への部品供給拠点となる。投資額は公表されていない。

同社マレーシア乗用車部門のエリック・ウィンター社長は「ジョホールの施設はスペースが大きく、管理しやすい」と説明している。


関連国・地域: マレーシア欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「一足飛び」を数年前か…(10/23)

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(10/23)

廃棄物処理の国際会議、マレーシアで初開催(10/23)

RM=27.1円、$=4.15RM(22日)(10/23)

ペトロナス、オマーンで油田権益10%獲得(10/23)

石炭価格の上昇、電気代引き上げの可能性も(10/23)

太陽光関連も電気代請求一括精算、来年から(10/23)

マ家電市場、今後も成長=仏グループセブ(10/23)

タクシーと配車運転手、SOCSO義務付け(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン