• 印刷する

マニラ空港、「最も改善した空港」の10位に

航空分野の市場調査を手掛ける英スカイトラックスが発表した2018年の世界空港ランキングで、フィリピン・マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)が「最も改善された空港」部門で10位に入った。

同ランキングは世界の550空港が対象。スカイトラックスは2017年8月から18年2月にかけて、1,300万人以上の旅客に対して聞き取り調査を行い、各空港が前年からどれだけ改善したかを調べた。チェックインや乗り換えのしやすさ、商業施設やセキュリティーの充実度などが基準となる。

1位は伊ローマのフィウミチーノ空港。以下、オーストリアのパース空港、カナダのカルガリー空港、台湾の桃園国際空港、ギリシャのアテネ空港、フィジーのナンディ国際空港、カナダのモントリオール空港、露モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港、米ヒューストンのインターコンチネンタル・ヒューストン国際空港、NAIAの順で10位内に入った。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

PEZAの所得税優遇撤廃 前長官が反対、比の魅力失う(10/19)

北ミンダナオ、最低賃金8%超上昇(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

ジプニー初乗り、11月から10ペソに値上げへ(10/19)

競争委、グラブとウーバーに課徴金命令(10/19)

JNTOがマニラ事務所を開設(10/19)

18日為替:$1=53.965ペソ(↓)(10/19)

アヤラ子会社、新興医療アプリに出資(10/19)

日系IT現法、税務訴訟で勝訴(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン