• 印刷する

マニラ空港、「最も改善した空港」の10位に

航空分野の市場調査を手掛ける英スカイトラックスが発表した2018年の世界空港ランキングで、フィリピン・マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)が「最も改善された空港」部門で10位に入った。

同ランキングは世界の550空港が対象。スカイトラックスは2017年8月から18年2月にかけて、1,300万人以上の旅客に対して聞き取り調査を行い、各空港が前年からどれだけ改善したかを調べた。チェックインや乗り換えのしやすさ、商業施設やセキュリティーの充実度などが基準となる。

1位は伊ローマのフィウミチーノ空港。以下、オーストリアのパース空港、カナダのカルガリー空港、台湾の桃園国際空港、ギリシャのアテネ空港、フィジーのナンディ国際空港、カナダのモントリオール空港、露モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港、米ヒューストンのインターコンチネンタル・ヒューストン国際空港、NAIAの順で10位内に入った。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ルソン島沖で地震、M5.7(02:48)

テイクオフ:留学時代に知り合った当…(09/27)

トヨタ、車両センター稼働 100億円投資、物流効率化へ(09/27)

コロナの経済損失、今後40年で41兆ペソ(09/27)

新型コロナ、新たに2万755人感染(09/27)

バギオ市など、外出制限を一部厳格化(09/27)

セブパシ航空、10月から中部・関西便を増便(09/27)

パシッグ川高速道、サンミゲルが起工式(09/27)

携帯番号持ち運び制度、30日に開始(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン