教育に日本支援、新時代担う人材育成急務

【シットウェ共同=井上千日彩】長期にわたった軍事政権下で予算が削られ、質が低下したミャンマーの教育分野への支援に日本が取り組んでいる。ミャンマーでは民主化後の新時代を担う人材の育成が急務。安全な校舎の建設や教科書改訂への支援を通じ、国造りに一役買っている。 西部…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アユタヤ銀、ベトナム消費者金融の参入先送り(18:38)

独BASFが国内生産を開始 建設化学品事業の拡大見込む(05/21)

中国、ミャンマーに抗議=国境付近で3人死亡(05/21)

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画(05/21)

17年度の日本との貿易額、前年度比5.4%減(05/21)

シュエダゴンパゴダの16年度収入、約72億円(05/21)

マンダレー市開発委、アート市場区画を計画(05/21)

ボルボ、ヤンゴンの新車登録制度遅延で影響(05/21)

IFC、小口金融KEBハナへの融資拡大へ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン