ベルフーズ、チキンナゲットで日本進出

インドネシアの食肉加工・飼料メーカー、シエラド・プロデュースの冷凍食品製造子会社ベルフーズ・インドネシアは22日、西ジャワ州ジョンゴルの同社工場で生産するハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)チキンナゲットを日本に出荷した。インドネシア産のチキンナゲットが日本に輸出されるのは初めて。同日、貿易省が発表した。

ルキタ貿易相は、インドネシアで初めて日本にチキンナゲットを輸出した企業として、ベルフーズを称賛。「今後も輸出部門を強化していってほしい」と激励した。また日本は高い品質基準を定めていることから「歴史的快挙」とし、日本のみならず他国向けの鶏肉加工産業の輸出拡大に期待を示した。

シエラド・プロデュースのトミー最高経営責任者(CEO)は、日本で何度も市場テストを行ったことから、商品の味が日本でも受け入れられると自信を示す。今後も国内市場の流通に焦点を当てるとした一方、輸出強化に向けて品質向上にも力を入れると語った。今後、1カ月当たり少なくとも6,000キログラムを日本に輸出するという。

同日付コンタン(電子版)などによると、ベルフーズは輸出の第1段階として、日本でハラル食品を取り扱う団体にチキンナゲットを販売した。日本のハラル食品店で近く販売される。

貿易省によると、日本の鶏肉加工食品の年間消費量は20億米ドル(約2,112億円)。多くは中国やタイから輸入している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今ではすっかり傍観者と…(05/24)

JJC新理事、新たな60年へ 共栄に向け新たな関係構築を(05/24)

一般道のナンバー規制拡大、アジア大会前に(05/24)

州営MRT、非現金化でゴジェックと提携(05/24)

ゴジェック、ベトナム進出を計画(05/24)

ジャカルタLRT、2期の事業費は7億ドル(05/24)

バタムの商工会議所、経済特区移行に反対(05/24)

産業省、投資拡大に事業許可を簡素化へ(05/24)

断食月の現金需要、15%増の188兆ルピア(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン