• 印刷する

韓国エプソン、スキャナーで国内シェア首位

セイコーエプソンの韓国法人、韓国エプソンは22日、2017年の韓国スキャナー市場でシェアトップを獲得したと発表した。

米調査会社IDCによると、同社の昨年のシェアは35%に上り、前年に比べ3ポイント上昇。2年連続でトップシェアの座に就いた。公共機関を中心に「WorkForce DS-530」などの主力製品の需要が高まった。

今後は、写真やグラフィックなどを美しく取り込む機能などを生かし、専門性の高い業界への供給拡大も目指す。

主力製品の「WorkForce DS-530」(左)と「WorkForce DS-770」(韓国エプソン提供)

主力製品の「WorkForce DS-530」(左)と「WorkForce DS-770」(韓国エプソン提供)


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/14)

ダイトーキスコの工場で火災(12/13)

東ソーが半導体関連工場設立 装置用石英ガラス、需要増に対応(12/13)

貿易協定、2国間に軸足 交渉自由度を優先、米などと(12/13)

韓国系LVMC、地場GMSの全株式を取得(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

対馬の韓国人客4割減、島内消費33億円減か(12/13)

韓国気象庁と協力、天気予報の精度改善へ(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン