原発を新たな主力輸出品に、新市民団体

米国の保護主義的な通商政策により自動車や鉄鋼など韓国の主力製品の輸出に先行き不安が広がる中、原子力発電所事業の輸出に注力すべきとの意見が示された。 韓国メディアによると、原発輸出の推進に向け学界や産業界、労働界でつくる市民団体が21日、発足にあたっての記者会見で…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:見渡す限り、満開のひま…(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

現代自、インドシフト鮮明 「グランドi10」新型を世界初投入(08/21)

2件目の輸出許可、サムスン向けレジストか(08/21)

LGがカメラモジュール量産、新型iPhone用(08/21)

国内の装置メーカー、上期業績が悪化(08/21)

日韓のあつれき、最大の経営リスクに(08/21)

大韓航空、日本路線を大幅縮小(08/21)

日本産石炭灰は使わず、セメント協会が宣言(08/21)

MAI航空、韓国人誘致へ代理店を指名(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン