原発を新たな主力輸出品に、新市民団体

米国の保護主義的な通商政策により自動車や鉄鋼など韓国の主力製品の輸出に先行き不安が広がる中、原子力発電所事業の輸出に注力すべきとの意見が示された。 韓国メディアによると、原発輸出の推進に向け学界や産業界、労働界でつくる市民団体が21日、発足にあたっての記者会見で…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここで写真を撮らないで…(12/13)

現代自、燃料電池事業に拍車 7千億円超を投資、世界トップ狙う(12/13)

大型SUV「パリセード」発売、現代自(12/13)

短期カーリース、19年から大企業に制約(12/13)

チュオンハイ、起亜「セラト」の新型発売(12/13)

現代自がHVを来年投入、価格300万円超(12/13)

韓国SKマジック、浄水器レンタルに参入(12/13)

11月失業率3.2%、前年同月比0.1P悪化(12/13)

韓国CEO7割、「景気は長期型不況」(12/13)

保険大手の教保生命、19年下期に上場へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン