石油ピリピナスシェル、17年は39%増益

フィリピンの石油元売り大手ピリピナス・シェル・ペトロリアム(PSPC)がこのほど発表した2017年決算は、純利益が前年比39%増の104億ペソ(約212億7,600万円)だった。バタンガス州のタバンガオ製油所を2カ月半、保守点検のため停止していたものの、販売ネットワークの拡大や…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計天然資源商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

首都圏モノレール、年内に機材調達業者選定(19:29)

パサイ市の電動ジプニー、18日に運行開始(19:29)

台湾の新金宝、IPOで現地事業拡張を計画(19:15)

テイクオフ:自宅のソファに寝転がっ…(06/19)

5月二輪販売は13.6万台 過去最高、小型車は大台突破(06/19)

首都鉄道2案件、ア開銀と日本の協調融資も(06/19)

ドミンゲス財相ら訪日、インフラ協力会議で(06/19)

4月の海外送金受取、12.7%増の23億米ドル(06/19)

FDI純流入額の目標、92億ドルに引き上げ(06/19)

3月末の対外債務残高、0.8%減の732億ドル(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン