• 印刷する

労組の登記、17年は600件超=労働省

カンボジアで労働組合法が施行されたことに伴い、17年は600を超える労組が新たに登記された。イット・サムヘン労相が米労働省幹部との会見時に明らかにした。カンボジア星洲日報(電子版)が伝えた。

イット・サムヘン労働相は「登記申請の一部は却下したが、資料が不十分だったり、法律の規定を満たしていなかったりしたケースで、政府が嫌がらせをしたわけではない」と述べた。

一方、労働団体幹部は「10回以上申請しても、登記が認められないか却下されたケースを2件把握している。これは嫌がらせではなくて何なのか」と不満を漏らしている。

労働組合法は2016年4月に施行した。労働省によると、全国に3,500の労組がある。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

欧米の衣料品各社が懸念表明 首相に書簡、制裁決定前に対応を(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

新型ウイルス、カンボジアで初の感染者確認(01/28)

19年1~11月の対米貿易、38%増(01/28)

SEZ通じた輸出額、19年は27%増(01/28)

郵政省と華為技術、5G通信分野で覚書締結(01/28)

中国首相が武漢入り上海企業、9日まで休み(01/28)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/28)

シアヌークビル空港、年央までに滑走路延伸(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン