• 印刷する

2月の新車販売台数は1%減の9.4万台

インドネシアの2月の新車販売台数(ディーラーへの出荷ベース、確定値)は、前年同月比1%減の9万4,261台だった。車種別の販売台数は、1年間以上にわたって首位だったトヨタの小型多目的車(MPV)「アバンザ」に代わり、三菱自動車のMPV「エクスパンダー」が7,400台でトップとなった。

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)の統計によると、三菱自動車の販売台数は前年同月から2倍に増加した。三菱自動車を除く上位4メーカーはいずれも2桁減だった。マツダは10倍に急増。昨年は2月1日にディストリビューター業務をシンガポール系ユーロカーズ・モーター・インドネシア(EMI)に移管しており、販売台数が39台にとどまっていた。

1~2月の合計販売台数は前年同期比5%増の19万236台だった。2月にMPV「コルテズ(Cortez)」を正式発表した中国の上汽通用五菱汽車(SGMW)は1,936台だった。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

DHL、東ジャカルタに新サービスセンター(20:30)

政府、はしか風疹混合ワクチンの接種を推進(20:33)

2019年選挙の有権者数は1億8711万人(20:33)

【予定】18日 南北首脳会談ほか(09/18)

テイクオフ:インドネシアでは年間1…(09/18)

反汚職指数、政府目標に遠く 汚職議員の出馬、選挙で論争に(09/18)

8月貿易収支、赤字幅が10億ドルに縮小(09/18)

為替参照1万4859ルピア、株価は大幅反落(09/18)

輸送品の輸入関税、免除価格上限を75ドルに(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン