• 印刷する

テイクオフ:「オモテサンドウ!オモ…

「オモテサンドウ!オモテサンドウ!」――。東京からジャカルタに戻る便の機内で、若いインドネシア人女性のグループが、楽しそうに言葉を交わす。席が離れていたので、彼女たちが東京・表参道のどんなところが気に入ったのかは聞けなかったけれど、魅力を感じたのは多分、間違いないのだろう。

彼女たちがパックツアーで日本を訪れたのか、それともスケジュールが自由に組める個人旅行だったのかは分からない。だがどちらにせよ、今や日本がインドネシアの若者たちの間で人気の海外旅行先になりつつあることは確かだ。

いずれは、いわゆるゴールデンルート以外の地方を訪れるインドネシア人の数も、今よりグンと増えることだろう。機内で、日本人が「えっ」と驚くような日本の地名がインドネシア人乗客同士の会話から飛び出す時代の到来も、そう遠くはなさそうだ。(和)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

DHL、東ジャカルタに新サービスセンター(20:30)

政府、はしか風疹混合ワクチンの接種を推進(20:33)

2019年選挙の有権者数は1億8711万人(20:33)

【予定】18日 南北首脳会談ほか(09/18)

テイクオフ:インドネシアでは年間1…(09/18)

反汚職指数、政府目標に遠く 汚職議員の出馬、選挙で論争に(09/18)

8月貿易収支、赤字幅が10億ドルに縮小(09/18)

為替参照1万4859ルピア、株価は大幅反落(09/18)

輸送品の輸入関税、免除価格上限を75ドルに(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン