• 印刷する

税正改革で低所得層の生活悪化、労組が懸念

フィリピンの労働組合連合―フィリピン労働組合会議(ALU―TUCP)は、1月に施行された包括的税制改革(CTRP)の第1弾となる税制改革法(TRAIN)で、低所得層の生活が苦しくなっているとして、政府に救済措置の実施を働きかけている。13日付インクワイラーなどが伝えた。

広報担当者のアラン・タンジュサイ氏は、最低賃金で働く労働者に月額500ペソ(約1,024円)の補助金を支給する救済措置の早急な実施が必要と主張している。

同氏は、TRAIN施行によって燃料、加糖飲料などが値上がりした結果、最低賃金層の購買力が低下していると指摘。中央銀行と国家賃金生産性委員会(NWPC)が2月に公表した報告で、同層の1日当たりの平均購買力が329.35ペソから210ペソに低下したことを強調した。

また、フィリピン統計庁(PSA)の調査で、3月1日時点の全労働者の購買力が月額8,575ペソとなり、家族5人の貧困世帯が生活するために必要とされる9,064ペソ(15年のデータ)を下回ったことにも触れた。

タンジュサイ氏は、2月末時点で3.9%だったインフレ率が、電気料金、コメ、水産物、野菜などの値上がりによって、さらに跳ね上がり、労働者の家計が一層厳しくなるとの懸念を表明した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに9628人感染(18:23)

テイクオフ:インスタグラムの検索機…(04/19)

ニッケルの世界需要拡大 EV普及や中国向け、比に商機(04/19)

ニッケル大手2社、20年通期は大幅増益(04/19)

家政婦の入境に支障も、労働局長が注意喚起(04/19)

新型コロナ、新たに1万98人感染(04/19)

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/19)

変異ウイルス、新たに642人の感染確認(04/19)

企業優遇法の細則、来月17日までに策定(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン