• 印刷する

高速鉄道の復興号、16両編成版のテスト開始

時速350キロメートルでの走行が可能な中国の新世代高速鉄道車両「復興号」で、従来よりも接続車両が多い16両編成版の投入準備が進んでいる。中国最大の鉄道車両メーカーである中国中車傘下の中車唐山機車車両が開発したもので、このほど北京で性能テストが開始された。新華社電や澎湃新聞が伝えた。

中車唐山の担当者によると、現在使用されている復興号は8両編成。16両編成版の型番は「CR400BF―A―3024」で、より大人数の輸送に対応するために開発された。16両編成版の全長は415メートル。定員は1,193人で、ビジネス車両や1等車両、2等車両など9種の車両タイプがある。

現在は北京市にある鉄道科学研究院で、車両の牽引性能や制動性能、空気力学、ネットワークなど28項目の性能テストを受けている。テストを通過し、製造と設計に関する許可を取得すれば、量産や路線への投入が可能になるという。

復興号は春節(旧正月)の帰省、Uターンラッシュピーク時にも全国で活躍した=1月、山東省済南西駅(新華社)

復興号は春節(旧正月)の帰省、Uターンラッシュピーク時にも全国で活躍した=1月、山東省済南西駅(新華社)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン電子、中国天津でのスマホ生産停止(14:52)

VCに税制優遇、起業やイノベーション支援(15:52)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(13:54)

新世界と騰訊、本土のモバイル決済で提携(13:23)

中国のオンライン英会話、比人教師10万人へ(14:51)

中国再参入の計画ない、グーグルの検索サービス(12/13)

テイクオフ:会社からの帰り道。広州…(12/13)

中国人客の呼び戻し策を強化 ビザや税優遇、航空大手は赤字も(12/13)

EVの充電環境さらに改善へ 政府4部門、3年で「6大任務」(12/13)

中国が米車関税引き下げ、摩擦解消へ一定譲歩か(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン