• 印刷する

グラブ、複数の自転車シェア対応の新アプリ

配車アプリの開発・運営を手掛けるシンガポールのグラブは9日、自転車や、電動キックスケーターなど個人用移動機器(PMDs)の複数のシェアサービスを利用できるアプリ「グラブサイクル」の提供を近く開始すると発表した。こうしたサービスは東南アジアで初という。

同アプリ一つで、Oバイク、Gバイクス、エニーホイールズ、ポップスクートの4社のサービスが利用できるようになる。電動キックスケーターのポップスクート以外は自転車のシェアサービスで、エニーホイールズは近く営業を開始する予定。グラブは他のシェアサービスの参加も歓迎する意向を示している。

また、グラブサイクルを運営するグラブベンチャーズは、観光地セントーサ島を管理するセントーサ開発公社(SDC)と提携。グラブサイクルがさまざまな自転車やPMDsのシェアサービスを提供するに当たり、駐輪スペースの設置などで協力する。セントーサ島ではすでに最初の駐輪スペースが設けられており、今後10カ所以上にまで増やすという。グラブベンチャーズは今後も提携先を増やし、駐輪スペースの整備を進めていく考え。

グラブサイクルを通じたシェアサービスの利用には、事前にスマートフォン用アプリにチャージ(入金)しておくことでキャッシュレス決済が可能な「グラブペイ・クレジッツ」が使えるほか、利用額に応じてロイヤルティープログラム「グラブリワード」のポイントが付与される。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

SGXの通貨先物取引、8月は過去最高(18:59)

有力上場企業の女性役員比率、15.7%に上昇(18:59)

小規模市場で「拡散力」強く インフルエンサー活用が浸透(上)(09/13)

シングテル、社員のIT技能向上に35億円(09/13)

外国人労働者は上半期に1.2万人増、人材省(09/13)

クリスエナジー債務返済期限、11月まで延長(09/13)

7月小売指数2%下落、家具・通信機器が低迷(09/13)

EUとのFTA、今秋にも発効か(09/13)

世界大学ランク、国立大はアジア3位に後退(09/13)

サービス業のITP発表、構造改革に助成(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン