豪で労働生産性が低下、6年ぶり

オーストラリアでは2017年に、労働生産性を測る指標「就業1時間当たり国内総生産(GDP)」が、前年比0.1%下落と6年ぶりに低下したことが分かった。長時間労働により労働者の賃金は増加したものの、1時間当たりの生産量が減少したことを意味している。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

オーストラリアでは労働者1人当たり平均収入が横ばいで推移している。こうした状況について、オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行のアナリストは、「最近生まれている雇用のほとんどは収入が少ないことを表している」と分析する。

国内労働市場では女性の就労者が増加傾向にあるが、育児や高齢者介護といった低賃金の仕事に就くことが多いのが現状だ。ターンブル政権は17年に、40万人分の雇用が創出されたと主張している。

実質賃金を長期的に増やすには、生産性の向上が欠かせないとされている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:処方箋の薬を買いにシド…(06/22)

不動産業界の不正資金、豪も対処強化が必要(06/22)

政府給付金、平均的な世帯で縮小傾向(06/22)

3年前の外国人住宅投資課金、ようやく実施(06/22)

豪北部の融資制度、QLD発電所建設を支援(06/22)

豪株式、10年ぶり高値さらに更新(06/22)

百貨店DJs、シドニーの旗艦店を大改装(06/22)

百貨店マイヤー、保有ブランドの売却検討か(06/22)

豪EV、成長予想も充電設備カギ握る=報告(06/22)

マーバック 、サーキュラーキーで高層ビル(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン