• 印刷する

豪で労働生産性が低下、6年ぶり

オーストラリアでは2017年に、労働生産性を測る指標「就業1時間当たり国内総生産(GDP)」が、前年比0.1%下落と6年ぶりに低下したことが分かった。長時間労働により労働者の賃金は増加したものの、1時間当たりの生産量が減少したことを意味している。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

オーストラリアでは労働者1人当たり平均収入が横ばいで推移している。こうした状況について、オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行のアナリストは、「最近生まれている雇用のほとんどは収入が少ないことを表している」と分析する。

国内労働市場では女性の就労者が増加傾向にあるが、育児や高齢者介護といった低賃金の仕事に就くことが多いのが現状だ。ターンブル政権は17年に、40万人分の雇用が創出されたと主張している。

実質賃金を長期的に増やすには、生産性の向上が欠かせないとされている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアに住み始…(09/18)

日本企、商業不動産投資を拡大 豪州で16億$超に(09/18)

シドニー北西線の改築、「プランB」ない?(09/18)

〔政治スポットライト〕モリソン首相、個人は人気も連立は低支持率(09/18)

豪首相、高齢者介護業界対象に王立委立上げ(09/18)

ビザ種類削減へ、優れた移民を選別(09/18)

学位取得者と高卒者の給与差、縮小傾向に(09/18)

豪再生エネの発電割合25%超、過去最高に(09/18)

キッドマン、WA州産リチウムをブランド化(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン