• 印刷する

スズキ四輪、17年の輸出台数は前年比44%増

スズキの17年四輪車輸出台数は前年比44%増の6万3,568台だった=7日、ジャカルタ(NNA撮影)

スズキの17年四輪車輸出台数は前年比44%増の6万3,568台だった=7日、ジャカルタ(NNA撮影)

スズキのインドネシア四輪・二輪車販売会社スズキ・インドモービル・セールス(SIS)の2017年の輸出台数は6万3,568台で、前年比44%増だった。同社は今年もこの勢いが持続するとの見通しを示した。

完成車(CBU)輸出が25%増の2万8,504台、完全ノックダウン(CKD)輸出が65%増の3万5,064台だった。フィリピン、タイ、ベトナム向けの伸びが好調だったという。

輸出総額は5兆2,000億ルピア(約403億円)に達した。内訳は、CBUが2兆9,000億ルピア、CKDが1兆8,000億ルピア、部品が5,000億ルピアだった。またスペアパーツの輸出個数は7.1%増の9万5,490個となった。

スズキのインドネシア現地法人スズキ・インドモービル・モーター(SIM)の担当者は「今年はフィリピンとパキスタン向けの輸出が伸びている。ベトナム政府の輸入規制の影響でベトナム向けのCBU輸出が年初から止まっているが、ノックダウン(KD)は輸出可能なことや、フィリピンとパキスタンの伸びが好調で、ベトナム分を補っている」と説明した。

■17年に市場シェア2桁に

17年の四輪車販売は、前年比20%増の11万1,660台だった。市場シェアも10.35%へと前年の8.75%から2桁のシェアに達した。

スズキのインドネシア四輪・二輪車販売会社スズキ・インドモービル・セールス(SIS)の杉山信一郎マネジングディレクター(四輪マーケティング担当)は「17年は小型多目的車(MPV)『エルティガ』をはじめ、ピックアップ車の販売も堅調だった」と説明。「新しく投入した小型スポーツタイプ多目的車(SUV)『イグニス』、ハッチバック『バレーノ』、クロスオーバーSUV『SX4 Sクロス』も好調に販売を伸ばしている」と述べた。

今年は主力7モデルのマイナーチェンジモデルを投入する。杉山氏は、今年通年の目標シェアを11%以上とした。


関連国・地域: ベトナムインドネシアフィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/18)

台湾観光協会が駐在員事務所を開設(01/18)

駐在員住宅市場、今年も低調 外国人駐在員数減少で需要低迷(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

トランスコスモス、スマランに初の拠点開設(01/18)

政策金利6%で据え置き、2カ月連続(01/18)

MRTジャカルタ、26日に試験運行開始(01/18)

3月に首都で国際バス展示会、来場者2万人(01/18)

ヤマハ、新型スポーツバイク2モデルを発売(01/18)

川西倉庫、現地法人がハラル認証取得(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン