三谷産業、粉わさびの受託製造を開始

三谷産業(金沢市)は7日、健康食品やサプリメント向け原料の製造を手掛けるベトナム法人オレオウ・ファイン・ケミカル・プロダクツ(AFCP)が、粉わさびの受託製造を開始したと発表した。

わさび加工大手のマル井(長野県安曇野市)から製造を受託した。マル井の加工わさびに対する知見とAFCPの技術力を生かし、高品質で低価格の粉わさびを提供する。ベトナム国内で年間20トンの販売を見込み、日本食レストラン向けでトップシェアを目指す。また、東南アジアや欧州、中近東、オセアニアにも拡販していく予定という。

マル井とはこれまで、三谷産業の子会社で化学品や食品添加物などの販売を手掛けるミライ化成(長野県千曲市)が、食品添加物や原材料などの販売を通じて、信頼関係を構築してきた。そのような中、マル井が海外販路拡大の一環として東南アジアに進出するにあたり、粉わさびの製造受託に至った。

マル井は、1946年に粉わさびの製造を開始。日本一のワサビ生産地である安曇野に本社・工場を構える。現在は日本国内と米国を主な販売拠点としており、米国では粉わさびのトップシェアを獲得している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

農業省が一村一品運動を始動 地域を活性化、大分の団体も支援(05/25)

JCB、17年決済総額は6割増(05/25)

ベトナム航空株、購入権入札が不発(05/25)

カットライ港、廃プラ・廃紙の受入中止(05/25)

公共建設工事の積算基準システム整備へ(05/25)

今年は不動産バブルは生じない=HoREA(05/25)

旋盤とフライス盤の国家技能検定を開催へ(05/25)

紙生産、1~4月は60%増の118万トン(05/25)

クアンニン省、化学工場の建設計画を却下(05/25)

日系5社、ハノイで農業技術を合同PR(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン