• 印刷する

伊藤忠、地場企とQLD州原料炭開発に投資

伊藤忠が7日までに、オーストラリア・クイーンズランド(QLD)州ボーエン盆地で、ブリスベン拠点の資源会社ビットリナイト(Vitrinate)が権益を持つカリン・プロジェクトで、原料炭炭鉱の開発に投資することで合意したことが分かった。埋蔵量1億2,300万トン規模で、国内で最も高品質の原料炭の採掘が見込まれている。伊藤忠は同炭鉱産の石炭について、世界独占販売権を得る。【NNA豪州編集部】

伊藤忠の広報はNNA豪州に対し、合意は今月としたものの、投資額やプロジェクトの具体的な内容・見通しについては非開示とすると答えた。

7日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューによれば、ビットリナイトのウィリアムズ最高経営責任者(CEO)は、伊藤忠から3年の出資合意を取り付けたとし、実行可能性調査の実施や炭鉱施設の建設などを開始できるとしている。同CEOによれば、既存の多くの原料炭炭鉱で採掘期限が近づいていることから、主にアジア企業の間で投資先として新規原料炭プロジェクトを模索する動きが活発化しているという。

ビットリナイトは2016年8月からカリン・プロジェクトの権益を保有。同社のサイトによれば、同プロジェクトで生産された原料炭は、約300キロメートル離れたヘイポイントとダリンプルベイの積み出し港を利用して輸出するという。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

SIAカーゴ、医薬品向け輸送サービス提供(09/21)

テイクオフ:オーストラリアの4大銀…(09/21)

4フィンガーズ、豪社の株式50%取得(09/21)

日系人材ウィル、豪同業QAを買収(09/21)

石炭火電の改修と新設の支援、エネ相が検討(09/21)

豪石炭事業に影響も、丸紅の石炭火電撤退で(09/21)

LNG輸出、原油価格高と豪ドル安が追い風(09/21)

豪のM&A取引額、今年は過去最高更新か(09/21)

〔オセアニアン事件簿〕豪政府、青果への異物混入で刑罰強化(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン