• 印刷する

伊藤忠、地場企とQLD州原料炭開発に投資

伊藤忠が7日までに、オーストラリア・クイーンズランド(QLD)州ボーエン盆地で、ブリスベン拠点の資源会社ビットリナイト(Vitrinate)が権益を持つカリン・プロジェクトで、原料炭炭鉱の開発に投資することで合意したことが分かった。埋蔵量1億2,300万トン規模で、国内で最も高品質の原料炭の採掘が見込まれている。伊藤忠は同炭鉱産の石炭について、世界独占販売権を得る。【NNA豪州編集部】

伊藤忠の広報はNNA豪州に対し、合意は今月としたものの、投資額やプロジェクトの具体的な内容・見通しについては非開示とすると答えた。

7日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューによれば、ビットリナイトのウィリアムズ最高経営責任者(CEO)は、伊藤忠から3年の出資合意を取り付けたとし、実行可能性調査の実施や炭鉱施設の建設などを開始できるとしている。同CEOによれば、既存の多くの原料炭炭鉱で採掘期限が近づいていることから、主にアジア企業の間で投資先として新規原料炭プロジェクトを模索する動きが活発化しているという。

ビットリナイトは2016年8月からカリン・プロジェクトの権益を保有。同社のサイトによれば、同プロジェクトで生産された原料炭は、約300キロメートル離れたヘイポイントとダリンプルベイの積み出し港を利用して輸出するという。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電車で友人との帰り、向…(12/14)

今年の豪IPO総額、34%増 件数減少も大型案件が押し上げ(12/14)

NSW州政府、揚水発電所24カ所の新設計画(12/14)

豪世帯電力価格、17/18年度に22%上昇(12/14)

〔ポッサムのつぶやき〕週末は暴風雨に注意!サイクロン上陸も(12/14)

アマゾン、来年から食品雑貨を割引で宅配(12/14)

豪法人税、現金収支ベースに課税案(12/14)

〔政治スポットライト〕労働党、低賃金職種に産業横断交渉権(12/14)

民間の労使協定が急減、30年には2%へ(12/14)

発電ラチャブリ、豪風力発電所を稼働(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン