• 印刷する

独コンチネンタル、東部にタイヤ工場開設

ドイツの自動車部品・タイヤ大手メーカーのコンチネンタル・グループは、タイ東部ラヨーン県で年内にタイヤの新工場を開設する。2022年までにタイに約2億5,000万ユーロ(約327億円)を投じ、約900人の雇用創出を目指す。

コンチネンタルタイヤ・ジャパン(東京都品川区)が6日発表したところによると、新工場の面積は約75万平方メートルで、将来的に年間最大2,500万個のタイヤ生産が可能。昨年11月に起工式を開催した。今年3月末までにゴム練り工程エリアが完成する予定で、年末までに工場の全てが完工する見通しだ。生産工場の従業員を中心に、大規模な採用活動も実施する。

タイ工場の新設により、コンチネンタルタイヤ部門のタイヤ生産拠点は17カ国、21工場に拡大する。


関連国・地域: タイ欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイ人の海外旅行が旺盛に 日本人気続く、LCC拡充後押し(04/19)

スワンナプーム空港の第3滑走路計画を承認(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

グラブ、新政権での配車アプリ合法化に期待(04/19)

タイ―カンボジア鉄道、22日に運行の調印式(04/19)

Bオート、日系エアロパーツの販売権取得(04/19)

住友林業、トンロー地区の高級コンドを販売(04/19)

台湾マツダ、修理済み車両不具合で再リコール(04/19)

発電ラチャブリ、「RATCH」に社名変更(04/19)

ラチャブリ、西部発電所2基の開発計画提出(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン