独コンチネンタル、東部にタイヤ工場開設

ドイツの自動車部品・タイヤ大手メーカーのコンチネンタル・グループは、タイ東部ラヨーン県で年内にタイヤの新工場を開設する。2022年までにタイに約2億5,000万ユーロ(約327億円)を投じ、約900人の雇用創出を目指す。

コンチネンタルタイヤ・ジャパン(東京都品川区)が6日発表したところによると、新工場の面積は約75万平方メートルで、将来的に年間最大2,500万個のタイヤ生産が可能。昨年11月に起工式を開催した。今年3月末までにゴム練り工程エリアが完成する予定で、年末までに工場の全てが完工する見通しだ。生産工場の従業員を中心に、大規模な採用活動も実施する。

タイ工場の新設により、コンチネンタルタイヤ部門のタイヤ生産拠点は17カ国、21工場に拡大する。


関連国・地域: タイ欧州
関連業種: 自動車・二輪車製造一般金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

世界競争力、タイは3ランク下落の30位(05/25)

車部品、1~3月は5%増 市場回復もメーカーで明暗(05/25)

4月の新車販売、25%増の7.9万台(05/25)

4月の新車販売(表)(05/25)

建築展示会が開幕、来場者4500人見込む(05/25)

PTT、EVディーラー事業に関心(05/25)

TOTO、20年にウォシュレット生産へ(05/25)

ヤマト、小口保冷配送で国際規格取得(05/25)

配車オールタイ、VIP用にベンツ100台(05/25)

商業施設CPN、5年で3400億円投資へ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン